記事

ミュスカデ・ワインの奏でるメロディたち

Christelle Zamora Christelle Zamora, エディター 2020.09.24
Vignes_Monnieres
この記事の中に
Muscadet

アペラシオン・ミュスカデ

ワイン&スピリッツ
詳しく知る
協力:  Loire Valley Wine

チャポ/ 昨年、熱烈な音楽家、シモンとピアーズの2人は、ロックバンドとしてヨーロッパとアジアを回るツアーを行いました。友人どうしでもある2人は、フランスに戻り、クリッソンの夏の野外フェスティバル「エルフェスト」を訪れます。コンサートの後で、二人が必ず口にするのは、ミュスカデ・ワインです。

精力的なツアーの後、シモンは、イギリス海峡をわたり、ガールフレンドに会いにいくことを約束していました。しかしガールフレンドは、むしろ彼女自身が、フランスのロワール河口を訪れ、カキとミュスカデ・ワインを楽しむことを選びました。大学で日本文学を専攻している彼女が、柑橘類と青りんごの芳香のミュスカデ・ワインを好むことを、彼はややいぶかっています。

ピアーズは、フランスのナントで活動する英国人のギタリストですが、このことにはまったく驚いていませんでした。イギリス人も、オランダ人と同じように、これらのクールなワインに目がないのです。イギリス人のほとんどが、ミュスカデ・ワインとカキが絶妙に合うことを知っています。

ツアーのあとで、シモンは、ワイン通のドイツ人青年に出会いました。髭をたくわえた30代の彼は、ミュスカデ・ワインのクリュの繊細な味わいを追求していました。

彼は、少量のモニエール・サン・フィアクル(クリーミーなテクスチャを持つミュスカデ・ワイン)を味わいます。彼は、繊細な苦さを持つ、爽やかなこのワインを高く評価しました。彼が好んだのは、おりを含むミュスカデ・ワインでした。

ミュスカデ・ワインのクリュは、ギターの「泣き」の方法を知るギタリストに例えられます。経験、記憶と、長い歴史が備わっているのです。甘味と、かすかなテンションの味わい。

 

インター/ミュスカデ・ワイン、ヘッドライナー

2人の音楽家は、即興で演奏を始めます。ギターリフの後、ピアーズはこんな疑問を持ちました。ミュスカデ・ワインのクリュに違いを生み出しているものは何だろうか?

シモンは創造力を巡らせます。彼にとって、これらのワインは世界の頂点です。彼のお気に入りはその急先鋒となるクリュ・クリッソン、ゴルジュ、パレの三つです。ピアーズは着想を得て、またギターに戻ります。ブルースのノートで、彼はレニー・クラヴィッツの『自由への疾走』を演奏します。シモンが微笑みます。

ワインは、そのギターのリフにどこか似ています。これらの3つのクリュには3つのプロフィールがあります:力強さ、持続、しなやかさです。これらのワインは、口に含むことで、その色彩感がより強く、鮮やかになります。2人の音楽家は、笑いだし、乾杯します。これらのワインはそれぞれが特別なメロディを持っています。スタイルと起源の魔法。

最後に、ミュスカデ・ワインの発展の理解は容易です。それはバンドの始まりから、ヘッドライナーへと成長する過程に似ています。その歴史は小さな部屋から始まり、カウンターで友人とミュスカデ・ワインを楽しみます。そして少しずつ、偉大な音楽の歴史に足を踏み入れるのです。それは、1日でできることではありません。

シモンにとって、ブドウ果樹園の小さなパーセル一つ一つは、楽譜の小節です。ワイン栽培者の「作品」とは、一人の作曲家の「音楽」でもあります。彼は、テロワールを「解釈」し、「演奏」を試みるのです。これらのクリュを味わう時には、まるで音符のように時間が広がります。これこそが、ミュスカデ・ワインが世界で最も素晴らしい食卓で愛されている理由なのです。ミュスカデ・ワインは「成功」のワインですが、インフルエンサーでなくても、誰でも楽しむことができるのです。

FR_Cider
AOP シードル・ペイ・ドージュ
Le calvados Pays d’Auge AOC est une boisson alcoolisée (40 °) produite par distillation de cidre. Pommes issues de vergers normands (Pays d’Auge)
AOP カルヴァドス・ペイ・ドージュ
レシピはこちら