記事

いつものサラダを格上げするTips4

Keda Black Keda Black, エディター 2022.07.15
4 tips to make your salads less boring

夏の盛りにキッチンで汗ダラダラなんてまっぴらゴメン!
どうにか涼しい顔でいたいという皆さまに朗報です。サラダの悩みを解消する
4つのヒントをご紹介します。

TIPS1 異なる食感や調理方法の野菜やフルーツを大胆にミックス!

サラダといえば、ミックス&マッチが基本。
ピンクトマトのスライスに蟠桃(バントウ・桃の品種)とディルを添えたり、4分の1に切ったマントマトに黄桃と刻んだタラゴンを添えたり。
トマト、イチゴ、スイカの千切りを黒コショウとバジルで和えるのも、魅力的な組み合わせです
アプリコットの薄切りにローストアーモンドを散らしたインゲン豆のサラダや、球状にくりぬいたメロン、ミント、羊乳ヨーグルトを加えたキュウリのサラダ、ナスを角切りにしてオイル漬けにしたり、歯ごたえをのこして茹で上げた平豆に四つ切にした黄トマトを掛け合わせてみても!

TIPS2 おいしいサラダと絶品サラダの分かれ道は仕上げにあり!

仕上げのヒント?もちろんお教えします!
インゲン豆のサラダにソバの実のローストを散らしたら、おしゃれでハッピーなサラダの出来上がりです。
ロメイン
レタスのサラダに食感を加えたいなら、卵白に塩をひとつまみ加えて泡立て、クルミをつけて、130℃のオーブンで30分ほどローストしたクルミのグラッセを加えてみてください。
ローストして冷やしたトマトに、スライスした玉ねぎとピンクガーリックを炒めてコリアンダー、スモークチリ、クミンで味付けしたものを加えると、パンチをプラスできます。スタミナアップ間違いなしです!

TIPS3 シーズニング!

迷わず様々な種類を楽しみましょう!オリーブオイルにはハーブやフルー、胡椒入りなど様々なフレーバーのものがあります。昔ながらの製法で作られたごま油やヘーゼルナッツ油、クルミ油を取り入れてみるのもいいでしょう。
また、グランヴェールバジル、レモンバジル、タイバジルなど、様々な種類のバジルを試してみるのもおすすめです。
酸味が苦手なら、リヴザルトまたはノルマンディー産のビネガーを選ぶとよいでしょう。
それから、時間があるときは特性ソースにトライしてみましょう。
卵とアンチョビのソースにオリーブオイルと少量の生クリームを加え、シュクリーヌレタスにかけてクルトンを添えたり、ケッパー、コリアンダー、エスプレット唐辛子、オリーブオイルを混ぜ合わせ、インゲン豆のサラダにスパイスとして使うなど、アイデアは尽きません

TIPS4 サラダに個性を持たせよう

半熟卵やのポシェ、イワシのオイル漬けなどを加えるのも王道です。
白いんげん豆(モジェット)やひよこ豆、一晩水に浸けて1時間から1時間30分ほど煮たソワソン産の豆、または、スペルト小麦や赤米を柔らかく茹でてお気に入りのサラダに一握り加えると食感の違いを楽しめるうえ、胃がもたれることも、空腹に苛まれることもありません。
ただしやりすぎには注意。あくまで主役は野菜です!

パン・ド・カンパーニュ
パン・ド・カンパーニュ
ラベル・ルージュ ジャンボン・キュイ・シュペリウール(上級加熱ハム)
ラベル・ルージュ ジャンボン・キュイ・シュペリウール(上級加熱ハム)