白、赤、ロゼ、そして…注目のオレンジワイン!

By Pierrick Jegu

近年、フランスワインの色合いが今までに増して充実してきています。今注目の「オレンジワイン」について解説します。

White, red, rosé and... orange wine!

オレンジワインの歴史は古代にまで遡ります。今から何千年も前、ジョージアなどのワイン発祥地では、「qvevri(クヴェヴリ)」と呼ばれる壺を地中に埋めてワインを熟成していて、そのワインはまさしくオレンジ色だったのです。長い間忘れ去られていましたが、近年、その自然な醸造の観点から見直され、イタリアに続きフランスのワイン界第一線にも戻ってきました。

 オレンジワインのポイントは、マセレーション!

技術的には、オレンジワインとは白ワインを赤ワインのように醸造したものです。赤と白の醸造方法の主な違い。それは赤ではマセレーションがあり、白ではマセレーションがないことです。赤ワインの場合、破砕されたぶどうは圧搾される前にタンクに入れられ、ぶどうの皮や種、時には茎と接触することで、果汁に色が付きタンニンが生じます。白ではこうしたマセレーションを経ず、ぶどうをすぐに圧搾するのです。

このルールの最も顕著な例外が、「マセレーション白ワイン」とも呼ばれるオレンジワインです。マセレーション段階はある程度長く続き、果汁は「普通の白ワイン」よりもはるかに濃い色合いを帯び、控えめではあるものの存在感のあるタンニンの構造ができあがります。 

多様なスタイルと、料理とワインの組み合わせ

Loire(ロワール)、Languedoc(ラングドック)、Vallée du Rhône(ローヌ渓谷)など、フランス各地のワイン生産者が、この製法を試すようになりました。そして、これはトレンド、ファッション、ただの目新しさにとどまりません。
栽培者、テロワール、ぶどうの品種、マセレーションの強さ、熟成容器などによって、その構造、新鮮さ、持続性の間に貴重なバランスが生まれ、それぞれのオレンジワイン独特のアロマが生まれます。オレンジワインはワインの立派な1カテゴリーであり、そこには幅広い可能性が潜んでいるのです。

新鮮なフルーツ、ドライフルーツ、フローラル、ベジタブル、ローストされた苦みのある香りなど様々な香りが、スパイシーな料理やエキゾチックな料理、甘辛料理、魚料理、一部のハードチーズや砂糖の控えめなデザートともよく調和します。

オレンジワインを飲むときは温度に注意してください。短時間の軽いマセレーションを経ている場合は白ワインのように冷やして、しっかりしたタンニン構造を持ち力強い場合は赤ワインと同じ温度で楽しみましょう。

ぜひ、こうしたオリジナルなワインを試してみてください。あなたのお好みで!

テイスト・フランス・マガジンのオーガニック・セレクション

Château Lafitte – Jurançon - « Orange » 2019(シャトー・ラフィット、ジュランソン、「オレンジ」 2019年)

ジュランソンのシャトー・ラフィットによる、21日間のマセレーションを経て何も加えずに醸造され、アンフォラで熟成させた非常に良質なキュヴェです。このワインには繊細さと芯があり、繊細なタンニンを感じさせます。

 

Mas del Périé – Vin de France - « Orange voilée » 2019マス・デル・ペリエヴァン・ド・フランス「オランジュヴォワレ2019

Cahors(カオール)のワイン生産者、Fabien Jouves(ファビアン・ジュヴ)氏のこのワインは、シュナンだけを使っています。オレンジワインの魅力である繊細さと力強さのバランスをお楽しみください。

 

Domaine Viret – Vin de France – « Dolia ambré » 2016ドメーヌ・ヴィレヴァン・ド・フランス、「ドリア・アンブレ2016

ローヌ渓谷南部にあるこのドメーヌでは、フランスでもいち早くオレンジワインを造り始めました。3ヶ月もの長いマセレーションを経たこのキュヴェは、スパイスやバラの香りが際立つ、驚くほど複雑なアロマを受け継いでいます。全体的によく構成されており、力強くても重さは感じさせません。

 

Domaine Laurent Bannwarth – Vin de France – « Qvevri » 2016ドメーヌ・ローラン・バンワースヴァン・ド・フランス、「クヴェヴリ」2016

Alsace(アルザス)ワインをジョージア産テラコッタの瓶で醸造・熟成した後、8ヶ月ものマセレーションを経て生まれるワインです!長い時間をかけて静かに造られるこのワインの個性は、活力と深み、エレガントかつ豊かな香りの色調にあります。

Taste France Magazine’s organic selection 

Château Lafitte – Jurançon - “Orange” 2019 
In the Jurançon region, Château Lafitte has produced an excellent vintage after 21 days of maceration, with no input, vinified and matured in amphoras. This wine, featuring a subtle tannic note, is delicate and intense. 

Mas del Périé – Vin de France - “Orange voilée” 2019 
Made purely of chenin grapes, this Fabien Jouves wine from Cahors incarnates the main characteristic of orange wine, i.e. its perfect balance between delicacy and intensity. 

Domaine Viret – Vin de France – “Dolia ambré” 2016 
In the south of the Rhône Valley, this domain was one of the first in France to rediscover orange wine. After a three-month long maceration, this vintage has acquired a surprising aromatic complexity, marked by spicy or rose notes. Overall, it is well structured, intense but not heavy. 

Domaine Laurent Bannwarth – Vin de France – “Qvevri” 2016 
After being vinified and matured in earthenware pots from Georgia, this winegrower left his Alsace wine macerating for eight months! This gave it plenty of time to gently acquire its character - a mix between vigor, depth and an elegant as well as rich aromatic palette. 

Mix &
Match

テイストフランスマガジン発行のメルマガを読む

このフィールドにご記入
登録が確定しました