記事

ロワールの赤は個性豊か

Christelle Zamora Christelle Zamora, エディター 2020.10.05
Rouges_glass
この記事の中に
Chinon on purple background

アペラシオン・シノン

ワイン&スピリッツ
詳しく知る
Saumur

アペラシオン・ソーミュール

ワイン&スピリッツ
詳しく知る
Anjou bottle on pink background

アペラシオン・アンジュのワイン

ワイン&スピリッツ
詳しく知る
協力:  Loire Valley Wine

バイクと赤ワインを愛するルイーズは、運転手付きのサイドカーでロワールのブドウ畑を探索することにしました。旅に同行する男友達のエリオットは、ルイーズが時折ワインについてはっきりした意見を持っていることに少し驚いています。
 

ロワール渓谷へ小旅行にでかける若い男女というと、ワインの中のフェミニン(女性的)とマスキュリン(男性的)を探す旅のようです。少なくともエリオットのイメージでは。ロワールワインの多様性に見せられているエリオットは、ルイーズに女性的なワインをすすめるべきか頭を悩ませています。結構難題です。ルイーズは赤ワインにしか興味がありません。そこで、エリオットはアンジュのガメイを紹介しました。でも若い女性は口をとがらせています。彼女はワインに性別を与えるという考えが好きではありません。彼女は軽さがよく女性的な特徴で、骨格のよさが男性的な特徴であるという考えに反論します。その後、ルイーズはカベルネ・フランの赤を試飲するようにエリオットに勧めます。彼女はサン・ニコラ・ド・ブルグイユ、ソミュール・シャンピニーやシノンが本当に素晴らしいワインだと考えています。エリオットにとっては、より強烈で香り高いソミュール・ルージュやソミュール・ピュイ・ノートルダムは避けて通れません。

ルイーズは、トゥレーヌ西側の個性豊かな赤の方が好きです。エリオットは驚きます。それらがより男性的なワインだと思うからです。ステレオタイプを脱ぎ捨てよう!ルイーズもアンジュのガメイの赤はフローラルな香りがすると言って聞きません。かといって、母の日だけで飲む必要はありませんよ!

ロワール渓谷のワイン街道には、驚きが満載です。赤ワインも女性のように、独自の主張があります!

Puy Lentils (PDO)
AOP ル・ピュイ産緑レンズ豆
Bayonne Ham
ジャンボン・ド・バイヨンヌ IGP
レシピはこちら