記事

バトル: コルク vs スクリューキャップ

Christelle Zamora Christelle Zamora, エディター 2020.07.01
corks

  コルク栓はワイン界で敬愛をあつめた老人。スクリューキャップはますます自信をつける若者。旅が常識を覆します。

2000年代初期に英国人、ニュージーランド人、フランス人の3組のカップルがパリのビストロに集います。そして、4本のワインを注文します。3本はコルク栓、4本目はスクリューキャップ。驚いたことに、そのうち1本はコルク臭がしました。ニュージーランド人は、4本中1本だけスクリューキャップなのに驚きました。ニュージーランドでコルク栓は少数派です。英国人は驚いた様子もなく頷きました。英国市場では、1960年代後半に誕生したスクリューキャップがすでに流行っています。フランス人はコルクがポンッと開く音が3回するたびに笑顔を浮かべています。彼が好きなのは、開栓をつげるこのあまりにも特別な音です。開栓という儀式だけでよだれが出ます。ワインの欠陥については、掘り下げる必要がありそうです。新世界と旧世界の二つの世界の出会い。 
 

旧世界と新世界 
 

20年後、同じ友人たちが集い、壁は取り払われたことを確認します。これらの2つの打栓方法は、ワイン界で定位置におさまっています。コルク栓の品質は向上しており、フランス人にとって、何千年もの歴史をもつコルク栓は守るに値するものです。高貴でナチュラルなコルク栓は、いつの日も偉大なワインの特権です。 
英国人は、熟成もの以外のすべての高級ワインにコルク栓が使われなくなったことを残念がっています。実用的なニュージーランド人はスクリューキャップが長期熟成の妨げにはならないこと、栓抜きが不要になったことを喜んでいます。その点はそれを発明した英国人も悪く思っていません… 

 

ニュージーランド人は考えを曲げませんでした。「スクリューキャップは、価格、信頼性、使いやすさや瓶詰後もワインを熟成させることができる点から市場シェアを獲得しています。」

白ごま
白ごま
ランド産マグレ・ド・カナール・フェルミエ
ランド産マグレ・ド・カナール・フェルミエ