トリュフの季節到来!黒トリュフ入りブリー・ド・モーはいかが?

ホリデーシーズンとトリュフの季節がぴったり重なることをご存知ですか?

今年の年末年始は、黒トリュフ入りブリー・ド・モーをたっぷり味わえるレシピに挑戦してみましょう!

Discover Brie de Meaux with black truffle

ホリデーシーズンは、大切な人と食卓を囲み、クリスマスのごちそうを楽しむ絶好の機会です。幸運なことに、この時期にペリゴール産黒トリュフが旬を迎えます。いまや、トリュフは高級食材の代名詞になりましたが、その特徴と言えるアーシーな香りと豊かなうま味は、ゲストの印象に残るに違いありません。

多くのシェフが認めているように、黒トリュフのほのかで芳醇な香りは、マイルドでクリーミーな風味との相性が抜群です。そう考えれば、チーズとトリュフはまさに最高のコンビネーションと言えるでしょう。ブリー・ド・モーのようなフランスの伝統的なチーズはそのままでも美味しいですが、濃厚でナッツのような香りの黒トリュフを合わせれば、一口噛むごとに豊かな風味が広がる、実に贅沢な組み合わせとなります。

トリュフ入りブリー・ド・モーの作り方をご紹介する前に、2つの主な材料について詳しく見てみましょう。

© Getty Image_geckophotos

ブリー・ド・モー:フランスで大人気のチーズ

詩人のウスターシュ・デシャンはフランスにあまり思い入れがなかったかもしれませんが、ブリー・ド・モーの魅力は認めざるを得ませんでした。彼はこのチーズを「フランスから生まれた唯一の良いもの」と評しています。この熟成したソフトチーズは、ねっとりとしたクリーミーな食感と、ナッツやキノコを思わせる甘いバターのような風味が特徴です。

ペリゴール産黒トリュフ:冬の珍味

ペリゴール産黒トリュフ12月~3月にしか採れないため、「冬の黒トリュフ」とも呼ばれます)は南欧原産で、あらゆるトリュフの中でも特に香り高いものです。濃厚で複雑な香りと、スイーツやムスク、ナッツに例えられる味わい深い風味が特徴です。

それでは、この2つの風味豊かな食材を組み合わせたレシピをご紹介しましょう。

ペリゴール産黒トリュフ入りブリー・ド・モー:シークレットレシピ

《材料》

  • ブリー・ド・モー 200 g
  • マスカルポーネ 50 g
  • ペリゴール産黒トリュフのスライス 10 g
  1. ブリーの厚みを半分にスライスします。
  2. 小さなボウルにマスカルポーネを入れて、なめらかな状態になるまでかき混ぜ、黒トリュフのスライスを加えます。
  3. トリュフ入りのマスカルポーネクリームをブリーの下半分に塗ります。
  4. ブリーの上半分を戻し、チーズをラップフィルムでしっかりと包んで、全体をなじませます。
  5. ペリゴール産黒トリュフの風味がチーズ全体に広がるよう、冷蔵庫で2448時間休ませます。

さらに贅沢な味わいを楽しみたい方は、ブリーの上にスライスしたトリュフをトッピングしてお召し上がりください。この美味しいチーズは、クラッカーやクリスピーなパンに乗せてシンプルに食べることもできますが、フレッシュなブドウやグラニースミスアップルのスライスを添えてチーズボードに盛り合わせてもよいでしょう。

 

ボナペティ!

Mix &
Match

テイストフランスマガジン発行のメルマガを読む

このフィールドにご記入
登録が確定しました