Apricots
フランス食材情報
フルーツ&ベジタブル

フランス産アプリコット

アプリコットは主にフランス南東部で栽培されている夏の果物で、さまざまな品種があり、多様な味わいと食感が楽しめます。ラベル・ルージュを初めとした品質と産地の公的な認証を受けている品種もあり、ラングドック・ルシヨン産のルージュ・デュ・ルシヨン種はAOP(原産地名称保護)の認証を受けています。

栽培地域:ローヌ・アルプ、プロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール、ラングドック・ルシヨン

 

Rhône-Alpes, Provence-Alpes-Côte d’Azur, Languedoc-Roussillon
生産地域
Rhône-Alpes, Provence-Alpes-Côte d’Azur, Languedoc-Roussillon
協力:  Interfel

基本情報

丸く、真ん中に溝があり、皮は濃い黄色から赤色をしていて、果肉は非常にジューシーで甘く、真ん中にある種は苦い仁(じん)を閉じ込めている。これがアプリコットです。暑い気候を好むアプリコットの木は、5000年以上前から中央アジアに自生していました。春もしくは秋に植えられ、夏に花を咲かせます。少しの剪定と気候条件が揃えば、3年か4年目には美しい果実を実らせます。収穫は品種にもよりますが、一般的に5月中旬から月中旬に行われます。シーズン初めに収穫されるのはオレンジレッド種やトム・コット種、シーズン中盤にはルージュ・デュ・ルシヨン種、キオト種、そしてシーズン終盤にオランジェ・ド・プロヴァンス種、ベルガルージュ種、ベルジュロン種が収穫されます。収穫期の違いだけではありません。特にルージュ・デュ・ルシヨン種は2016年にAOP(地理的名称保護)の認証を受け、さまざまな条件を課されています。産地はルシヨン地方の100の自治体に限られており、許されているのは4つの栽培品種のみ。生産量も限られています。よく風の通る果樹園、手摘みによる収穫、丁寧な選別……すべてはすばらしい果実を生み出すためです!

 

Character 特徴

Visual 外見 濃い黄色からオレンジ色をしています。表面が均一な赤色をしているのはオレンジレッド種、小さな赤いしみがあるのはルージュ・デュ・ルシヨン種、深い赤が重ねられたようなものはベルガルージュ種です。
触ってみると アプリコットの手触りは柔らかです。
Taste 味わい 果肉は一般的に香りが強いです。オレンジレッド種はムスク系の香り、ルージュ・デュ・ルシヨン種は繊細な香りがします。オランジェ・ド・プロヴァンス種は口どけがよく、ベルジュロン種はより濃い味がします。

Nutrition and benefits 栄養価と効用

新鮮なアプリコットは無脂肪でビタミンを豊富に含んでいます。

Editor's Note エディターズノート

« 仁はそのままだと苦いですが、アプリコットをコンポートやジャム、ピューレにすると味が引き立ちます »

How to use

保存方法

冷蔵庫の野菜室で2、3日保存可能。

下準備

調理前に冷たい水で洗いましょう。

調理方法

そのままでも美味しく食べられますし、例えばサヤインゲンと合わせてサラダにしても面白いです。タルト、クラフティ、アイスクリーム、コンポート、ジャムにしてもよいですし、バーベキューで焼いても楽しめます。

Pairing ペアリング

アプリコットと合うのは、オレンジ、桃、レモン、アーモンド、ローズマリー、フレッシュチーズや羊肉。

ワインではミュスカ・ド・ボーム・ド・ヴニーズが素晴らしいマッチングとなるでしょう。

こごみ
こごみ
AOP ペイ・ドージュ カルヴァドス
AOP ペイ・ドージュ カルヴァドス