poulet_main
40分
Average: 4 (2 valoraciones)

新春の鶏料理 ~ ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ蒸し

By 田中  良典, とりよね 料理長

日本酒ではなく AOP ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌで酒蒸しすることにより、甘さ控えめに仕上がります。ラズベリーポン酢との相性が抜群!

材料 For

  • 1
  • 4
  • 2
  • 1
  • 0.30
  • 0.50
  • Sel de Guérande
    IGP ゲランド産フルール・ド・セル
  • Muscadet
    AOP ミュスカデ
  • 80 g
  • 20 cc
  • 10 cc
  • 30 cc

作り方

1

鶏むね肉を一口大に切りゲランドの塩を振っておく。

2

白菜、白ネギ、にんじんを切る。
三つ葉はこまかく刻んで湯通ししてから水にさらし、絞っておく。

3

器に昆布を敷き、材料を盛り付ける。
胸肉と胸肉の間に白菜を入れ、くっつかないようにする。
ミュスカデを適量ふりかけ、95℃で25分程度、材料に火が通るまで蒸す。

4

冷凍ラズベリーをすり鉢でつぶし、ラズベリーヴィネガー、ワインヴィネガーラズベリー風味、柚子ポン酢を入れなじませる。
ラズベリーの種を取り除くためガーゼで濾す。
酸味が強すぎる場合は砂糖を少し加えて調整する。

5

蒸し上がったら三つ葉を散らし、ラズベリーポン酢でいただく。
蛤の出汁が加わり、うまみに奥深さが出ます。
ラズベリーポン酢をたっぷりつけて召し上がれ!

Mix &
Match

パン・ド・カンパーニュ

テイストフランスマガジン発行のメルマガを読む

このフィールドにご記入
登録が確定しました