Halibut Meunière
レシピ
20分

オヒョウのムニエル 塩レモンソース

生のレモンよりも酸味は控えめながら、風味がしっかりと凝縮された塩レモン。

シンプルなバターソースに塩レモンを加えてアクセントにしたソースは、繊細なオヒョウにぴったり寄り添います。

Rate this recipe! 1739
Average: 3.7 (10 votes)

材料 For

  • Sarrasin
    シリアル
    IGP ブルターニュ産そば粉
    138 g 詳しく知る
  • 4 切れ
  • Sel de Guérande
    ソース&調味料
    IGP ゲランド産フルール・ド・セル
  • Butter
    乳製品
    AOP ポワトゥ=シャラント産バター
  • 1

パットにそば粉を広げておく。

魚の切り身の両面を塩・胡椒で味付けする。

魚にそば粉をまぶし、余分な粉を振り落とす。

テフロン加工のフライパンにバター大さじ4を入れ、中火で泡が出るまで熱する。

魚の切り身を入れ、片面2~3分ずつ焼き色をつける。

.

フライパンに無塩バター(分量外)を加え、中火で1分ほど溶かす。

種を取り、みじん切りにしたレモンを加え、混ぜ合わせたらら火からおろす。

温かくした皿に魚を並べ、パセリを散らす。

ソースをたっぷりかけたら、温かいうちに召し上がれ!

抹茶
抹茶
AOP 生クリーム
AOP 生クリーム