Poisson blanc vapeur, sauce aux champignons
20分
Average: 4 (2 valoraciones)

白身魚のバプール マッシュルームソース

By 加藤 巴里, 料理家

「IGPペイ・ドックワインとおいしい冬」ロゼワイン編

焼き色をつけない蒸し魚料理に軽やかなクリームソースをかけて。
IGPペイ・ドックのシラー100%のフレッシュなロゼワインによく合うひと皿です。

ワインのエレガントな果実味に加えて、スミレやスパイスの風味が、淡白な白身魚とクリームソースのアクセントになってくれます。ぜひお試しあれ!

材料 For

  • 4 切れ
  • x 4
  • 2 パック
  • x 2
  • 100 ml
  • 60 ml
  • 100 ml
  • x 0.50

作り方

1

鰆に塩をして15分ほどおく。
マッシュルームは石づきを取り除き、7mm幅の薄切りにする。

2

鍋にバター半量を塗り、みじん切りにしたエシャロットを散らす。
その上に鰆の皮面を下にして置き、水とロゼワインを加えふたをする。
弱火で5分火を通す。

3

別のフライパンに残りのバターとマッシュルームを入れ、色をつけないように塩を加えて炒める。
マッシュルームの水分を飛ばすように炒める。

4

2の鰆に火が通ったら取り出し、皮をはがす。
うつわに盛り付ける。

5

【盛り合わせ】
角切りにしたじゃがいもを水にさらす。
水気を切り、耐熱のボウルに入れて電子レンジ600wで2分火を通し、バター小さじ1(分量外)と塩少々(分量外)、みじん切りにしたパセリ(分量外)を加えてよく混ぜ合わせる。
器に盛り付ける。

6

②の煮汁を③のフライパンに加え、半分の量になるまで中火で煮る。
最後に生クリームを加えて好みの濃度になるまで煮詰める。
魚の上にソースをかけたら完成。

© Yusuke Onuma

とのペアリング

<今回合わせたロゼワイン>
レ・ヴィニュロン・ド・カルヴィソン 「セレクション・シラー」 2022

Les Vignerons de Calvisson, Sélection Syrah, 2022
©Yusuke Onuma

 

IGP ペイ・ドックワインとは

南フランスのラングドック・ルーション地方で作られているワインのこと。フランス国内で最も歴史が古く、最も広いぶどう畑から、全部で58種類のブドウ品種の特徴を生かした幅広い味わいの白・ロゼ・赤ワインを生み出しています。「フリー・オブ・スタイル」をモットーとした、自由なスタイルのモダンでクリエイティブなワインです。IGPはEUが規定した2つの地理的表示制度の1つで、製品の原産地と品質を保証するものです。IGP ペイ・ドックワインは、価格と品質のバランスのとれた高品質ワインで、フランスを代表する品種ワインなのです。

Contributor

Pari Kato
加藤 巴里

料理家

おすすめのレシピ

BasqueCheesecake
バスクチーズケーキ

コラボレーション Pays d'Oc IGP

Ailes de poulet frites, sauce ethnique
手羽のから揚げ エスニックソース

コラボレーション Pays d'Oc IGP

Prum Salad
プラムのサラダ

コラボレーション Pays d'Oc Wine

Mix & Match
Steak Cotujian Miso Sauce
ステーキ ピリ辛みそ

コラボレーション Pays d'Oc Wine

テイストフランスマガジン発行のメルマガを読む

このフィールドにご記入
登録が確定しました