Braised cabbage with chestnut - Beijing Chef Samuel
レシピ
25分

白菜とクリの蒸し煮

Samuel  Wu Samuel Wu, 料理人

フランス東部のアルザスの料理にインスピレーションを得た甘くてタルトな料理

4 レビュー 5 548
Average: 4.3 (4 votes)

材料 For

  • Wirsing auf orangem Hintergrund
    250 gr
  • Châtaigne d'Ardèche AOP
    フルーツ&ベジタブル
    AOC シャテーニュダルデッシュ
    100 gr 詳しく知る
  • Olive oil and blue background
    オイル&オイルシード
    AOP ヴァレ・デ・ボー・ド・プロヴァンス オリーブオイル
    20 ml 詳しく知る
  • 250 gr
  • 25 gr
  • 8 gr
  • 4

白菜を細長く切ります。鍋で湯を沸かし、白菜を熱湯でさっと湯がいてから、湯から出して取りのけておきます。

Braised cabbage with chestnut 1
  • エシャロットを刻み、ショウガとニンニクをスライスして、取りのけておきます。デンプンを水で溶いて、取りのけておきます。

    Braised cabbage with chestnut 2
  • エシャロット、ショウガとニンニクをあわせて熱した中華鍋に入れ、クリを加えてから、鶏ガラスープを注ぎます。少量の砂糖を加えてから、弱火でじっくりと蒸します。

    Braised cabbage with chestnut 3
  • 白菜を加え、お好みのとろみになるまで弱火で加熱を続けます。少量のバターを加えてから、風味を引き出すためにしばらくの間静かに蒸します。テーブルに出す前に、オリーブオイルを軽く振り掛けてからお召し上がりください。

    Braised cabbage with chestnut - Beijing Chef Samuel
  • Grenoble Walnuts and Périgord Walnuts
    AOPグルノーブル産クルミとAOPペリゴール産クルミ
    A slice of Roquefort cheese
    AOP ロックフォール
    レシピはこちら