Morteau sausage Puy lentils
55分
Average: 2.5 (4 valoraciones)

IGPモルトーソーセージとAOPル・ピュイ産緑レンズ豆の煮込み

フランシュ・コンテ地方特産のモルトーソーセージは、IGP(地理的表示保護)によって保護されています。この伝統的な燻製ソーセージと、ル・ピュイ産のレンズ豆は王道のマリアージュ。冬のフランス料理に欠かせない一皿です!

準備に必要な時間

5分

材料 For

  • Puy Lentils (PDO)
    AOP ル・ピュイ産緑レンズ豆
  • Morteau sausage
    IGPモルトーソーセージ
  • 1
  • 1
  • 1 L
  • Olive oil and blue background
    AOP ヴァレ・デ・ボー・ド・プロヴァンス オリーブオイル
  • PGI Burgundy mustard
    IGP ブルゴーニュ産マスタード

作り方

1

 玉ねぎはみじん切り、にんじんはさいの目に切る。レンズ豆を洗う。

2

鍋にオリーブオイルを引き中火にかけ、玉ねぎを加えて3分炒める。ニンジンを加えてさらに3分炒める。

3

レンズ豆、ブイヨン、モルトーソーセージを加え、黒胡椒で味を調える。弱火で表面に小さな泡が立つくらい沸々と煮立たせ(15分程度)、その後蓋をしてレンズ豆に火が通るまで30分以上煮込む。

4

モルトーソーセージをスライスして盛り付け、レンズ豆とディジョンマスタードを添える。

© Jaja Food Studio

Mix &
Match

テイストフランスマガジン発行のメルマガを読む

このフィールドにご記入
登録が確定しました