Tatin tart
1 h
Average: 4.4 (23 valoraciones)

フランス風アップルパイ「タルト・タタン」

とろけるような食感と濃厚なキャラメリゼのリンゴを、サクサクとした食感の生地で包みました。19世紀後半、タタン姉妹が、リンゴのタルトの生地を敷くのを忘れてしまい、リンゴを焼いた後に載せたのが始まりと言われています。

材料 For

  • 1 シート
  • 8
  • Butter
    AOP ポワトゥ=シャラント産バター
  • 100 g
  • Vanilla
    タヒチ産 バニラビーンズ
  • 3 つまみ程度

作り方

1

オーブンを180℃に予熱する(対流式)。りんごは洗って皮をむく。半分に切り、パーリングナイフの先で芯を取る。

2

10インチのケーキ型にバターを入れ、弱火で溶かす。泡が立ってきたら、その上に砂糖を入れ、混ぜずに弱火で薄いキャラメル色になるまで火を通す。

3

火からおろし、リンゴの切り口を下にして、輪切りにしたものを並べる。コンロに戻し、弱火でさらに10分ほど加熱する。火が通ったら、ヘラでりんごを軽く押さえる。

4

バニラビーンズは縦半分に割り、包丁の先で鞘をしごいて実を取り出し、リンゴの上に振りかける。シナモンも同じようにふりかける。火を止める。りんごを薄皮の生地で覆う。皮の端をフライパンの内側の縁とリンゴの外側の縁の間にそっと滑り込ませる。

5

タルトを皿にのせ、型からはずす。温かいうちに、たっぷりの生クリームを添えてお召し上がりください。

テイストフランスマガジン発行のメルマガを読む

このフィールドにご記入
登録が確定しました