クリスマスに食べたい鶏料理 成功のための5TIPS

By Keda Black

フランスの田舎にあるコテージで、暖炉のそばでくつろぎながら休暇を過ごすのが夢?

もしそうなら、鶏肉をメニューに加えることをお忘れなく。でも、ただのチキンではありません。

フランス風にアレンジする5つのコツをご紹介します。

Poultry

この記事の中に

コツその1:じっくり選ぶ 
クリスマスには七面鳥が伝統的なチョイスですが、フランス人の中にはブレス鶏、ブロイラー鶏、鴨、伝統的な鶏種を好む人もいる。とりわけ、適切な環境で飼育された鶏肉にこだわっるのが良いでしょう。放し飼いと良質な飼料は、美味しく柔らかい肉を作るための必須条件なのです。

 

コツその2:細心の注意を払う
鶏肉を紐でしばる方法を学びましょう。足や手羽をきれいに縛ることで、均等に火が通るようにできます。Youtubeなどで簡単に学べます。皮を切った後、指でそっと持ち上げ、黒トリュフのスライスやトリュフ風味のバターを内側に塗り込みます。

 

ヒント3:豪華な詰め物をする
角切りにして、バターで炒めた雑穀パンのスライス5枚、みじん切りにしたセージの葉2~3枚、さいの目に切ったリンゴ1個、フォアグラのみじん切り100g、みじん切りにしたセロリ1本を、みじん切りにしてバターで炒めた玉ねぎ2個とともに混ぜ合わせる。少量のブイヨンで湿らせたらこれを鶏に詰めましょう。

 

コツその4:適切な“伴奏者”を選ぶ 
付け合わせは量より質。甘い栗を炒めたり、芽キャベツをソテーしてみてはいかがでしょうか?洗って2つに切り、熱したフライパンに油をひいて片面をこんがりと焼きます。最後にバターをひとたらしして仕上げる。芽キャベツは必要な固さも残り、見事な緑色をしているはずだ。

 

コツその5:丁寧に焼く
鶏のローストは華やかで美味しく、そして簡単であるべきです。お皿に上手に盛り付けるには、オーブンに垂れた肉汁をこまめにかけること。焼き始めは鶏の胸肉を逆さまに置き、調理の後半でひっくり返す。そうすることで、もも肉の脂が乾燥した部分に「栄養」を追加することができます。

 

P.S.ローストがぴったりな季節ですが、また、鶏を食べやすい大きさに切り、ヴァン・ジョーヌ、モリーユ(乾燥したものを購入し、水で戻したもの)、生クリームと一緒に鍋で調理するという、まったく別の方法も試してみてくださいね。 

Mix &
Match

テイストフランスマガジン発行のメルマガを読む

このフィールドにご記入
登録が確定しました