Chateauneuf
フランス食材情報
ワイン&スピリッツ

シャトーヌフ・デュ・パプ AOC

世界中にその名を知らしめるシャトーヌフ・デュ・パプ AOC。質の高い赤ワインと白ワインを作るこの地の生産者たちは、細心の注意を払ってその誉れ高い原産地の管理と保護に携わった先駆者でした。

Provence-Alpes-Côte d'Azur
生産地域
プロヴァンス-アルプ-コートダジュール

基本情報

ガラス表面に型押しされた教皇の紋章が特徴的なシャトーヌフ・デュ・パプ のボトル。この地域のブドウ栽培はガロ=ロマン時代(紀元前35世紀) まで遡りますが、ワインの産地として知名度が高まったのは教皇らがきっかけだと言われています。ワインの生産が本格的に開始されたのは、Cahorsカオール)からAvignon(アヴィニョン)にブドウ農家を呼び寄せた教皇ヨハネス22世の時代でした。シャトーヌフ・デュ・パプ に要塞を建設して夏の別荘としたヨハネス22世は、地元で生産させたワインを「教皇のワイン」と呼び習わし、実際に教皇邸の食卓に届けさせていました。こうしてシャトーヌフ・デュ・パプ は世界的に高い評価を得ていったのです。宗教戦争が始まるとワインの発展も鈍化しましたが、18世紀に再び回復しました。

 


シャトーヌフ・デュ・パプ のワインは、フランス全土はもちろん、ドイツやスペインにも広まっていきルイ十六世の食卓に供されたこともあります。1776年に初めてワインを瓶詰めし、真の革命を巻き起こしたシャトーヌフ・デュ・パプ はその数年後、アメリカにも普及し始めます。全盛期を迎えた1860年、フィロキセラ虫害によってブドウ畑は壊滅的な被害を受けましたが、バロン・ル・ロワの主導の下、新種のブドウの栽培やワインの品質保証のための協力など、さまざまな対策を実施して対応しました。1897年には初のワイン生産者共同組合を設立、その後1923年にSyndicat des Propriétaires Viticulteurs de Châteauneuf-du-Papeシャトーヌフ・デュ・パプ  ワイン生産者協同組合)に改組し、原産地の名を守るために厳しい生産ルールを設定しました。こうした取り組みは、バロン・ル・ロワが代表を務めたINAO(フランスの国立原産地・品質研究所)の原産地呼称統制確立のモデルにもなっています。そして1936年、シャトーヌフ・デュ・パプ はワインとして初のAOC認証を獲得しました。


シャトーヌフ・デュ・パプ のテロワールが位置するコート・デュ・ローヌ南部は、砂利質土壌や砂質土壌の他、赤粘土層の上に同地特有の丸い小石の層が形成された土壌など、多様な土壌を有しています。この小石が日中に吸収した熱を夜にブドウ畑へと放出することでブドウが熟していきます。また、暑く乾いた地中海気候もブドウが熟する助けとなります。一方、冷たい北風が虫害などからブドウを保護してもいます。個性的なワインを生産するシャトーヌフ・デュ・パプ で生産されている指定ブドウ品種は13種類。最も多く栽培されているのは、このテロワールと相性の良いGrenache(グルナッシュ)種で、次にSyrah(シラ)種とMourvèdre(ムールヴェードル)種が続きます。生産されるワインの93%は赤ワイン、残り7%は白ワインとなっています。

Character 特徴

Visual 外見 赤ワインは、若いうちは濃いルビー色をしていますが、熟成するとともにオレンジがかった色に変化していきます。 白ワインは、淡黄色から非常に色鮮やかな黄褐色まで変化します。
Aroma 香り 赤ワインは、熟したフルーツやマッシュルーム、森の下生え、トリュフの香りが複雑に絡み合った、洗練された奥深い香り。 白ワインは白い花やフルーツの香り(柑橘類、アプリコット、梨)、場合によってはトロピカルフルーツの香り(マンゴー、パッションフルーツ)も絡み合った繊細な香りに。
Taste 味わい 赤ワインは奥深いスパイスの香り(リコリス、シナモン、ペッパー)とフルーティな香り(黒スグリ、焼きフルーツ、マルメロジャム)の他、動物のような香りも。長く余韻が残ります。 白ワインはたっぷりとした、ふくよかな香り(白い花、柑橘類、果樹園のフルーツ、トロピカルフルーツなど)が複雑に絡みあいます。

Editor's Note エディターズノート

« 2019年、シャトーヌフ・デュ・パプ 生産がフランスのユネスコ無形文化遺産に登録されました。 »

How to use

保管期間

赤ワイン:520

白ワイン:110

Preparing and serving Châteauneuf-du-Pape AOC

Reds : 16 °C to 18 °C 
Whites:9 °C to 10 °C 

To serve in large wine glasses

Paring ペアリング

赤ワイン:ジビエ、キャセロール、グリル肉料理、マッシュルーム

白ワイン:蟹、ロブスター、魚のグリル、白身肉



マグロ
マグロ
IGP ゲランド産フルール・ド・セル
IGP ゲランド産フルール・ド・セル