Anjou bottle on pink background
フランス食材情報
ワイン&スピリッツ

アペラシオン・アンジュのワイン

アペラシオン・アンジュのワインは、白、赤、発泡(白とロゼ)ワインに分かれています。その名声は、古くからよく知られており、12世紀からフランス国王・英国王の食卓に並んでいました。

Pays de la Loire
生産地域
ペイ・ド・ラ・ロワール
協力:  Loire Valley Wine

基本情報

ブドウ果樹園の開発は、中世の修道僧たちによって進められ、あらゆる修道院が、ブドウ果樹園の区画を持っていました。しかし、その輝きを確固たるものへと高めたのはプランタジネット朝(アンジュー伯)のアンリII世でした。1154年に、英国王の座についた彼は、この地域のワインを取り寄せます。アンジュ産のワインは、数世紀にわたって、フランス国王・英国王の食卓に並び続けてきました。この原産地呼称では、アンジュルージュ、アンジュブラン、アンジュガメイ、アンジュ発泡ワインに分かれています。使用されるブドウの品種は赤ワインではカベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニョン(メイン品種)、ピノドニス、グロ、ガメイです。白ワインでは、シュナン(メイン品種)、ソーヴィニョン、シャルドネとなっています。地域の気候は海洋性で穏やかであり、やや乾燥し、弱い温度の差が少なく、「ドゥースール・アンジュヴァン」として知られています。

How to use

アペラシオン・アンジュのワインの保存と熟成

早い時期から(特にガメイは早期にお楽しみください)、あるいは三年以内の熟成にてお飲みいただけます。

アペラシオン・アンジュのワインのお召し上がり方

発泡ワインは°Cで、白ワインは10 °Cで、赤ワインは16-17 °C でお召し上がりください。

アペラシオン・アンジュのワインを味わうには

無発泡ワインは脚つきのグラスで、発泡ワインできめ細かな泡をお楽しみいただくには、フルート形のグラスをお選びください。

Paring ペアリング

赤ワインにはシャルキュトリ、赤身肉、白身肉、野菜のファルシーなどが合います。.白ワインにはロブスター、カレイ、鶏肉のクリームソースなどが合います。







レンコン
レンコン
ゲランド IGPフルール・ド・セル
ゲランド IGPフルール・ド・セル