Mimolette
フランス食材情報
乳製品

ミモレット

鮮やかなオレンジ色と丸い形が特徴の非加熱圧搾タイプのミモレットチーズは、17世紀にコルベール財務総監によって生み出されました。

Hauts-de-France
生産地域
オー・ド・フランス

基本情報

フランスとオランダは戦争状態にあったため、財務総監コルベールはオランダ産チーズの輸入を禁止し、フランスのチーズ製造業者に対してエダムチーズに似たチーズの製造を命じたことから、ミモレットは生まれました。しかしエダムは中身がクリーム色で、外皮がワックスで覆われているという点で、ミモレットとは異なります。

長い間「ブール・ド・リール(リールのボール)」または「ヴィユ・オランド(オールド・オランダ)」と 呼ばれてきたミモレットは、牛乳製の非加熱圧搾タイプのチーズです。丸い形上下は平たく、鮮やかなオレンジ色は天然植物のアナトー色素で着色したものです。外皮は自然のままで凹凸があります。フランスのフランドル地方生まれのミモレットチーズは、今日では他の地域でも造られるようになりましたが、その元々の産地で熟成させることが一般的です。熟成期間は2年になることもあります。熟成3か月のものをジュンヌ(若い)、半年のものをドゥミ・ヴィエイユ(半ば古い)、12か月以上のものをヴィエイユ(古い)、そして18か月以上のものをエクストラ・ヴィエイユ(とても古い)と呼びます。赤ラベル(Label Rouge)により、1989年以降ヴィエイユとエクストラ・ヴィエイユのミモレットが認証保護されています。

Character 特徴

Visual 外見 外皮は明るい茶色、中身は鮮やかなオレンジで熟成に従って濃くなります。
Taste 味わい 柔らかく濃密で、若いうちはヘーゼルナッツの香りがあり、また熟成するとフルーティで少し鼻につく強い香りが現れます。

Nutrition and benefits 栄養価と効用

ミモレットチーズはタンパク質が豊富で、ビタミンA、B2、B12を多く含みます。

Editor's Note エディターズノート

« ミモレットはド・ゴール将軍が好んだチーズです »

How to use

保存・お召し上がり方・味わい方

ミモレットチーズは冷蔵庫またはチーズドームに入れて数日間保存ができます。

ミモレットは通常薄切り(若いうち)、またはカットして販売されます。その場合、横に寝かせて、中心からチーズの縁に向かって、斜めに三角形にカットされます。熟成が進んだものは硬すぎてカットに不向きなため、ピーラーで砕いたり削ったりしましょう。

熟成ミモレットはアペリティフやチーズプレートに良いでしょう。若いうちはクロック・ムッシュー、ケークサレ、グラタンやハンバーガーに向いています。

Paring ペアリング

塩味のものとヘーゼルナッツ、子牛肉チャイブ、青リンゴ。

ドリンク類と : エクストラ・ヴィエイユには黒ビール、ジュンヌにはAOPトゥーレーヌ・シュノンソー赤、AOCヴァランセ赤、AOCコート・ドーヴェルニュ赤。



醤油
醤油
AOP ヴァレ・デ・ボー・ド・プロヴァンス オリーブオイル
AOP ヴァレ・デ・ボー・ド・プロヴァンス オリーブオイル