Valençay PDO
フランス食材情報
乳製品

ヴァランセ AOP

ヴァランセは無殺菌の山羊の生乳からつくられるチーズです。
表面にまぶされた灰と、ピラミッドの上部が切り取られたような形が特徴的な、ユニークな外観をしています。

ヴァランセは 1998 年にAOC(原産地統制呼称)、2004 年にAOP(原産地呼称保護)を取得しました
熟成とともに、とろけるようなその食感は引き締まり、山羊やナッツの風味は深まります。
多彩な楽しみをもたらしてくれるチーズです。

Center - Loire Valley
生産地域
サントル-ヴァル・ド・ロワール

基本情報

ヴァランセのつくり方はいたってシンプルですが、厳しい基準があります。アルピーヌ種と ザーネン種、あるいは両者の交配種の山羊だけがAOPで認められています。山羊の飼料は、主に放牧地の草と農場でつくられた穀類に限定されています。また、遺伝子組み換え作物の使用は禁止されています。生産工程にも厳しい規定があります。使用される山羊乳の搾乳は 4 回以下に制限され、そのミルクにレンネット(凝乳酵素)を加えて 24 時間かけて凝固させます。できあがった凝乳をそのまま型に移し再び 24 時間、水切りします。型から取り出したフレッシュチーズに塩をふり、食用の植物性炭をまぶし、丸一日乾燥させます。乾燥工程を終えたチーズは熟成室に置かれ、少なくとも 11 日間熟成されます。

Character 特徴

Visual 外見 表皮は薄く、淡いグレー 〜 青みをおびたグレー
Taste 味わい 熟成が 11 日のものは軽くクリーミーな食感ですが、熟成が進むにつれて硬く変化していきます。 同様に、熟成が進むにつれ、山羊乳やナッツの風味も濃くなります。

Editor's Note エディターズノート

« 表面にまぶされる灰は、かつてはブドウの枝を炭にしたものが使われていました。このため、このタイプのチーズの生産は、ブドウが栽培されている地域に限られていたのです。 »

How to use

保存方法

冷蔵保存してください

食べる前に

ヴァランセの味わいを堪能したいなら、少なくとも食べる 30 分前には冷蔵庫から取り出しておきましょう

おいしい食べ方

シンプルにそのままいただくなら、雑穀入りのバゲットがよく合います。
若いヴァランセは、ビーツのサラダやズッキーニのグラタンにもおすすめです。
熟成が進んだものは、パスタなどに。

Paring ペアリング

ハチミツやドライフルーツ、イチジク、トマト、サラダ、リンゴあるいはフレッシュなハーブと共に。
ワインを合わせるなら、もちろんヴァランセの白を







醤油
醤油
ドローム産 IGPの白ニンニク
ドローム産 IGPの白ニンニク