記事

チーズ: はい、でも「とろけるように」!

Marie-Laure Fréchet Marie-Laure Fréchet, エディター 2020.07.01
melted cheese on fries

名コンビはもちろんフライドポテト+ チーズです!

冬場は、みんな少し「cheezy」になります。SNS上で恥ずかしげもなく超高カロリーレシピを眺めたり、とろけるチェダーチーズや糸をひくルブロションチーズによだれを垂らしたり。インスタ上の#meltedcheeseの成功から見ても、自分だけでないことは確か。  人気の定番としては、フランス人の好きな食べ物の首位にランクインするラクレットの人気にタッチの差でコンテフォンデュが続きます。スキーをしなくても、街中で友達とラクレットパーティーを楽しむことができる点や料理の才能がなくても作れ、ざっくばらで、また家電メーカーは楽しくてカラフルな卓上調理家電を率先して提供しています。

「ローディッド・フライ」をはじめるシェフ達

名コンビはもちろんフライドポテト+ チーズです!長年ケベック人に親しまれてきたあの有名なプーチン(ブラウンソース+チーズ)がフランスでも人気急上昇中です。その中で、アメリカのファストフードでおなじみのとろけるチーズやベーコン、オニオンフライをかけた「ローディッド・フライ」からはじめなければなりません。一流レストランでさえ、「ローディッド・フライ」をはじめています。リールでは、シェフのFlorent Ladeynが、モダンなレストラン「ビアブイク」で、フライドポテトにマロワルソースをかけて出してくれます。  トレンドに決して遅れを取らないロンドンでは、ナポリのピザチェーン、ピザ ピルグリムズがチーズバーと提携して「フォンデュピザ」を誕生させました。Instagram上の当店の情報によると、とろける英国産とイタリア産チーズのミックスをリコッタやプロシュートを詰めたビザ生地にかけ、バルサミコ酢風味のオニオンとディップ用のピクルスと一緒にいただきます。フライドポテトは進化し続けています。

醤油
醤油
ジャンボン・ド・バイヨンヌ IGP
ジャンボン・ド・バイヨンヌ IGP