記事

2月2日はクレープの日!(シャンドルール、聖燭祭)

Keda Black Keda Black, エディター 2021.02.01
Chandeleur
この記事の中に
Chocolate

製菓用ブラック板チョコレート

スイーツ
詳しく知る
Butter

AOPシャラント・ポワトゥ バター

乳製品
詳しく知る
Sucre CANNE

グアドループ産ケーンシュガー

スイーツ
詳しく知る
NY-MAPLE-SYRUP

メープルシロップ

デザート
詳しく知る

外出制限中に楽しむジャムや煮込料理(リンク)はひとまず脇に置いて、2月2日は、聖燭祭をクレープでお祝いします。フランスの家庭ではにぎやかなクレープパーティーが開かれるのです

クレープもメインメニューになるんです!

聖燭祭は、数あるお祭りの中でも少し特別。まず、光のお祝いだから。聖燭祭は、キリスト教と異教に起源があります。エルサレム神殿キリストの象徴でもあるし、冬終わり農作業の始まる象徴でもありますそれがどうして、クレープでお祝いするお祭りに発展したのでしょうか。それは、丸くて金色のクレープが太陽を連想させるからですもともとクレープは去年の残りの小麦粉を使って作るため、繁栄の象徴でもあります。クレープを食べることで、暗い冬が少し明るく照らされるのですね! また、クレープが嫌いな人もほとんどいません。簡単楽しく作ることができ、バターと砂糖を使いますがお腹にもたれることはなく立派な食事のメニューにもなります。クレープを作ると、「これは誰のクレープ?」「ジャム取って!」と、キッチンが幸せな会話に満たされます。テーブルをセットすることも、テーブルに着くこともいらないので、準備も簡単です。

アレンジが無限のレシピ

おいしいクレープの秘訣は、焼く直前に、56人分の生地に対し少し熱めの溶かしバター60g加えることです。小麦粉600g、牛乳1.5泡立てた12を混ぜ合わせ、できれば1時間寝かしておきます牛乳の3の1を、少量のビールやパスティス、ラム酒やオレンジリキュールに代えるといっそう美味しくなります。おすすめは、小麦粉の4分の1から3分の1を、より味のしっかりした小麦粉に置き換えること今の季節ではスペルト小麦お勧めですクレープの軽さを損なうことなく風味を増す、ちょっとした裏技です。シックで美味しいクレープが出来上がります。

 

大事なポイント

焼く時は、バターをたっぷり使ってください!浅くて軽量の、専用のフライパンを使うとよりクレープひっくり返しやすいです。あとは生地の薄さが大事。中強火にかけ熱したフライパンの中で泡立ったバターの上に小さなお玉で生地を注ぎますフライパンを回したり傾けたりして、生地を手早く広げます。まさに手首のエクササイズですね。1分もしないうちにクレープが焼きあがります。クレープの片面が焼けたら、すぐにひっくり返して反対側も焼き上げます。焼きあがったクレープは重ねて保温しておきます。

して、手作りジャムやレモンジュース、オレンジジュース(これはいいアイデアです!)、砂糖、予め湯せんで柔らかくしておいたチョコレートスプレッド、さいの目に切ってソテーしたリンゴまたはリンゴのコンポート、自家製塩キャラメルなどを添えて、頂きます。 好みはみんな違っていて、何を添えるのがおすすめとか、このトッピングは駄目だとか、ぜひ試してほしいとか…テーブルは大騒ぎになります。いずれにしても、クレープでは、甘味のトッピングがおすすめです。食事としてのクレープを楽しみたい方はそば粉のクレープを試してみてください。クレープを作ると、あっという間にパーティー気分になりますよ!

Vanilla
タヒチバニラ
Creme fraiche in a bowl
AOPフレッシュクリーム (濃縮タイプ)
レシピはこちら