Corbieres
フランス食材情報
ワイン&スピリッツ

コルビエール AOC

AOCコルビエールのぶどう園は波乱の歴史を歩んできましたが、現在、フランスで生産量第4位のAOC(原産地呼称統制)認証を受けた生産地です。重厚でスパイシーな赤がメインです。

Occitania
生産地域
オクシタニー

基本情報

ギリシャ人が木を植え、ローマ人が大きくしたぶどう園は、紀元前2世紀からこの地域に存在していました。 しかし、ローマ帝国支配の終焉とともに、ぶどう園は侵略者たちによって破壊されました。中世になってやっと僧侶や修道院よりぶどう園が再開発されます。しかし再びぶどう栽培は相次ぐ戦争の影響を受け、栽培が再開されたのは18世紀になってからでした。ミディ運河の建設のおかげで貿易が促進されたのです。 19世紀、オリーブが霜被害を受けて栽培されなくなり土地が空きました。 20世紀初頭ぶどう園を保護するため、生産者たちは組合を組織し始めます。

1985年、コルビエールのワインはAOC認証を受けました。モザイク状に構成される非常に多様な土壌(頁岩、砂岩、石灰岩、泥灰岩など)と、西に位置する海の影響で微妙に変化する地中海気候の恩恵を受け、生産は遂に最盛期を迎えます。局地的な強い北風は、ぶどうの木を乾燥させ、病気を予防します。原産地名称は、Hautes – Corbières(オート・コルビエール)、Corbières -Méditerranée(コルビエール・メディテラネ)、Corbières centrales(コルビエール・サントラル)、Corbières d'Alaric(コルビエール・ダラリック)の4つの特徴的な地域に分けられています。コルビエールAOCのメインは赤ワイン(85%)ですが、ロゼ(12%)と白(3%)も生産しています。生産量でフランス第4位の原産地統制名称を受けた産地です。(Languedoc(ラングドック)では1)。

赤に使われる主要なぶどう品種は、carignan(カリニャン-コルビエールの原種、そのボディと強いタンニンの味が典型的な味わいを作り出します)、grenache noirグルナッシュ・ノワール)、lledoner pelutレドナー・ペル)、mourvèdre ムルヴェードル)syrahシラー)です。ロゼは次のとおり-カリニャン、cinsaut(サンソー)、グルナッシュ・ノワール、レドナー・ペルムルヴェードル、piquepoul noir (ピクプール・ノワール)、シラー。白次のとおり-bourboulenc(ブルブラン)、grenache blanc(グルナッシュ・ブラン)、macabeu,(マカブ)、marsanne(マルサンヌ)、roussanne(ルーサンヌ)、vermentinoヴェルメンティーノ。

Character 特徴

Visual 外見 赤は濃赤から黒、ロゼは紫、白は黄色い光沢のある淡い色合い。
Aroma 香り 赤はカシスや桑の実、時に南仏の石灰質の荒れ地を思わせるトーン。ロゼは強烈なフルーツ。白はエキゾチックなフルーツや白い花の香りがします。
Taste 味わい 赤はリッチでスパイシー。ブラックベリーや甘草、タイムの香りがします。白はずっしりと濃厚な味わい。柑橘類と白い花の香り。ダイナミックでエレガント、そして味わい深いロゼは、赤いベリーを感じさせます。

How to use

保存・お召し上がり方

保存: : 2 年から 5 (10 年以上はヴィンテージ 扱い)

ロゼ : 若いまま飲めます

 : 1 年から 3

お召し上がり方:  

6 8°C

16 18°C

ロゼ8 10°C

Paring ペアリング

赤:赤肉のグリル、野鳥、ポルチーニ茸

ロゼ、冷製肉、塩味のタルト

白:焼き魚、フレッシュなヤギのチーズ







抹茶
抹茶
AOP 生クリーム
AOP 生クリーム