Chinon on purple background
フランス食材情報
ワイン&スピリッツ

アペラシオン・シノン

アペラシオン・シノンは、ヴァレド・ラ・ロワールにあり、主に赤ワインを意味しますが、ときおり白やロゼワインを表すこともあります。これらは名高いワインとして、軽く繊細な、また豊潤なフルボディの力強いテロワールの表現を生み出しています。

Center - Loire Valley
生産地域
サントル-ヴァル・ド・ロワール
協力:  Loire Valley Wine

基本情報

シノンは、大宰相リシュリューの時代には、多くの国王および王妃が滞在し、また文人フランソワ・ラブレーの生まれた街でもあります。アペラシオン・シノンの気候は、西部は海洋性であり、また東部は大陸性です。土壌によって、ヴァン・ド・グラヴィエ(砂と砂利の土地)また、ヴァン・ド・タフ(高原と平原の粘土と石灰土)と呼ばれることもあります。ヴァン・ド・タフは、よりしっかりとした構成を持つ熟成ワインの可能性を開き、特に赤ワイン生産に向いた土地です。ヴァン・ド・グラヴィエには、若く、よりしなやかで、フルーティな風味がありますが、熟成によってより繊細な面が現れてきます。アペラシオン・シノンの白ワインは、非常に稀少で、シュナンのブドウ種から作られます。赤ワインとロゼワインは、カベルネフランから作られます(カベルネソービニョンの使用も認められていますが、最大10%までに制限されています)。その微気候は特にカベルネフランに適し、小高い丘の強い日照と、海洋性の気候の影響が、ロワールとヴィエンヌの間の土地に浸透しています。

How to use

シノンのワインのお召し上がり方

アペラシオン・シノンの若い段階のワインは、14-15 °C でご用意ください。

より古いミレジメでは16-17 °C でご用意ください。

シノンのワインの味わい方

若いワインはカラフェで 2-3時間かけることで柔らかい味わいになります。より熟成の進んだワインの味わいを引き出すには、デカンタがお勧めです。

シノンの保存と熟成

タイプによって赤ワインは25年、または1020年程度でお楽しみいただけます。

Paring ペアリング

アペラシオン・シノンの赤ワイン: シャルキュトリ。
アペラシオン・シノンの白ワイン: 魚料理。
アペラシオン・シノンのロゼワイン: 若く果物の風味のワインはグリルと白身肉。よりコクがあるフルボディのワイン: シチュー、ソース、ジビエ肉。







COUNTRY_BREAD
パン・ド・カンパーニュ
Olive oil and blue background
AOP ヴァレ・デ・ボー・ド・プロヴァンス オリーブオイル
レシピはこちら