Bulots
フランス食材情報
シーフード

グランビル湾IGPのヨーロッパエゾバイ貝

あまりの人気のために、一時は消滅しかけたヨーロッパエゾバイ貝。しかし、グランビル湾の漁師たちは理性的に漁業を行い、美味しい貝を護ることができました。彼らの漁業は2017年にMSC エコラベル認証を、2019年にはIGP(欧州レベルでの地理的表示保護)認証を受けています。

Normandy
生産地域
ノルマンディー

基本情報

学名Buccinum undatum科、グランビル湾IGPのヨーロッパエゾバイ貝はとりわけ冷たい海を好みます。グランビル湾は、ドーバー海峡の冷たい水が流れ込み、貝の肉質の味を損なう泥底がないという、特別に恵まれた環境です。潮の流れが強く干満の差が大きいため、水質は抜群です。

ヨーロッパエゾバイ貝は、昔から今日のように人気が​​あったわけではありません。長い間Terre-Neuve(テール・ヌーヴ)の漁師たちが漁のエサに使っていただけでした。しかし1990年代から、シーフードの盛り合わせやアペリティフの定番になり、過剰に消費されるようになりました。当時ヨーロッパエゾバイ貝の漁獲の90%を占めていたグランビル湾の漁師たちは、絶滅の危機に瀕した資源を保護するために立ち上がります。割当量が設定され、漁獲を許される最小サイズが設定され、週末及び1月の繁殖期に漁が行われなくなりました…。その結果、2017年末、グランビル湾のヨーロッパエゾバイ貝は、持続可能な漁業で漁獲されたことを証明するMSCエコラベル、2019年にIGP認証を受けました。籠漁で漁獲されます。貝を根こそぎ獲らずに余裕を持って集める方法なのです。漁獲された貝は船上に揚げられ、分別され(47 mm未満の貝は海に戻されます)、「grêles(グレル)」と呼ばれる隙間のある箱に保管されます。

Character 特徴

Visual 外見 ベージュの殻。表面に付着した微細藻類によって緑がかった色になったり濃い茶色になったりします。身は象牙色(鮮度のしるし)。
Aroma 香り 新鮮で磯の香りがします。海藻とナッツの風味。
Taste 味わい ヨード感とやわらかい食感。磯の香とナッツの風味がします。

Nutrition and benefits 栄養価と効用

低カロリー、良質のタンパク質が豊富です。脂質と炭水化物をほとんど含みません。また、ヨウ素、マグネシウム、セレン、ビタミンB12、オメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。

 

How to use

保存・お召し上がり方・味わい方

保存: 調理して、または生でも。冷蔵庫で最大48時間保存できます。

お召し上がり方:

生で購入したら冷水に1時間浸して、たっぷりとした水でよくすすいでください。 次にハーブを入れた塩水(冷水から)で1012分間茹でたら、そのまま茹で汁の中で冷まし、それから水気を切ります。茹ですぎないでください。ゴムのように固くなってしまいます。殻付きで盛り付けます。 尖ったもので貝の身を取り出し(爪楊枝で十分です)、あとは食べられない蓋膜を取り外すだけです。

味わい方:マヨネーズまたはアイオリを添えて。殻から取り出した身を、生のままタルタルソースで、あるいは炒めもの、細かく切ったものをヴェリーヌにもできます。

Paring ペアリング

飲み物:ブルゴーニュvezelay(ベズレー)AOCmuscadet sur lie(ミュスカデ・シュール・リ)AOPcour-cheverny(クール・シュベルニー)AOPの白で







Duck Breast green background
ランド産マグレ・ド・カナール・フェルミエ
Ginger
ミョウガ
レシピはこちら