Caviar
フランス食材情報
シーフード

フレンチキャビア

フランスのキャビアは1世紀にわたって発展してきました。特に、野生チョウザメの搾取が国際的に禁止された後、その需用は加速しました。今日フランスは世界第3位のキャビア生産国で、AcipenserBaeri(シベリアチョウザメ)種から高品質のキャビアを生産しています。

今日フランスは、中国、イタリアに次ぐ世界第3位のキャビア生産国です。高品質の生産のために、飼育の難しいデリケートで大食の魚が細心の注意をもって養殖されています。

New Aquitaine
生産地域
ヌーヴェル・アキテーヌ

基本情報

キャビアは、イタリアですでに14世紀から人気の食材でした。しかし、フランスではキャビアへの関心が高まったのは2度の世界大戦間に白系ロシア人が持ち込んでからです。1920年代のパリで、キャビアが流行しました。しかし、野生チョウザメがGironde(ジロンド)川河口からほぼ姿を消し、1982年にフランスにおける野生チョウザメ漁が禁止されました。 そして養殖が発展します。チョウザメの故郷カスピ海とバイカル湖からチョウザメが姿を消した結果、2008年すべての野生種の漁獲が国際的に禁止され、世界中にチョウザメ養魚場が出現しました。養殖キャビアが野生キャビアにとって代わりました。

デリケートなチョウザメの養殖には、実践的なノウハウが必要です。  水とエサの質がキャビアの品質を決定します。厳しい条件下で養殖、生産されているフレンチキャビアの人気の理由はここにあります。非常に厳しい設定条件の下、特にチョウザメの生活環境に配慮して生産されているアキテーヌキャビアは、IGP(欧州レベルでの地理的表示保護)を申請中です。

3年育成したチョウザメを超音波で性別判断し、メスは成熟するまで、種類によっては7年から14年かけて大切に育てられます。 生検によって卵の成熟が確認されると、メスの腹から卵をとり出し、ふるいにかけて卵巣膜から分離させます。洗浄、すすぎ、水切りを行ってから、次に硬さ、サイズ、色で分別します。最後に、手で塩漬けにしてゆっくりとかき混ぜます。最後に、キャビアは金属製の箱に詰められ、冷蔵されます。箱の中で成熟は続きます。

Character 特徴

Visual 外見 ライトグレーからダークグレーの小さな粒
Aroma 香り 良いキャビアには、ほとんど匂いがありません。
Taste 味わい 溶ける質感、繊細な味。シベリアキャビア種から採れたキャビアは、昔の野生種からとれたものより味は薄めです。

Nutrition and benefits 栄養価と効用

キャビアはオメガ3と優れた多価不飽和脂肪が豊富です。

Editor's Note エディターズノート

« <豆知識 >ルイ15世が、ピョートル大帝の大使から献上された一口のキャビアを吐き出してしまって、外交問題すれすれでした! <保存> 保存は冷蔵庫で。開封後は食べ切るようにしてください。 <調理 & 盛り付け> キャビアを食べるときは金、貝、角、または木製のスプーンを使います。しかしシルバーやステンレス製は避けます。金属臭がうつって、キャビアの味を損ないます。 <味わう> シンプルにパンまたはブリニにつけて。身崩れしない程度に蒸したジャガイモを常温にして、その上にキャビアをのせると、とても美味しくいただけます。キャビアの味を損なわないように、熱々の上にのせるのは避けてください。 »

Paring ペアリング

塩味:ジャガイモ、ゆで卵にのせて

飲み物:辛口シャンパンまたは辛口スパークリングワインと一緒に。







Grenoble Walnuts and Périgord Walnuts
AOPグルノーブル産クルミとAOPペリゴール産クルミ
A slice of Roquefort cheese
AOP ロックフォール
レシピはこちら