Cantal
フランス食材情報
乳製品

カンタル AOP

多くの中からでも識別できる円筒形が、フランスで最も古いチーズ、カンタルです。テロワールの純粋な産物で、原産地の県にある山地の名前を付けているほどです。カンタルは1956年にAOCに、1996年にAOPとして認められました。AOCAOPは、牛乳から造られるこの円筒形のチーズの生産条件を規定しています。圧搾は2回、熟成は30日間から、6カ月以上まで行われます。これにより、滑らかで、バターのような良い風味があるものから、もろくて、力強い風味があり、さらには軽くちくちくする触感のものまであるのです。

Auvergne - Rhône-Alpes
生産地域
オーヴェルニュ-ローヌ-アルプ

基本情報

年月や流行は、カンタルには何も影響しません。何十年もの間、カンタルは同じ方法で、主には、同名の県で造られてきました。まず、牛の生乳か殺菌乳を32°Cに温めます。そこに凝乳酵素を混ぜて、凝固させます。できあがった凝乳を小さく切ります。これを集めて、一つのコンパクトな固まりにして、最初の圧搾を行います。こうしてできたトムを1024時間、寝かせます。その後、これを砕いて、塩を加えます。これにより、中身が滑らかになり、より一層味が濃くなります。これをチーズ型に詰めて、二回目の圧搾を行います。型から取り出したら、このフレッシュなトムを、カンタル「ジュンヌ」は最低30日間熟成させます。「アントル・ドゥー」は、26カ月、「ヴュー」は6カ月以上熟成させます。

Character 特徴

Visual 外見 « ジュンヌ » : 表皮は薄く、白色から灰色。中身はアイボリー色から麦わらの黄色。 «アントル・ドゥー» : 表皮は、よりはっきりとしていて、黄金色がかった茶色。 «ヴュー » :表皮は茶色、中身も同様。
Taste 味わい « ジュンヌ » : 引き締まって滑らかなテクスチュアで、バターのような風味を引き立たせます。 « アントル・ドゥー » : 中身は溶けるようで、ヘーゼルナッツや発酵クリームなどの豊かなニュアンスが感じられます。 « ヴュー» : 乾いたテクスチュアで、砕けやすく、強い個性があります。

Nutrition and benefits 栄養価と効用

カンタルはカロリーがありますが、カルシウムも豊富です。

Editor's Note エディターズノート

« 天候と山脈のために冬季は移動が制限されてしまうので、カンタルを造る農家は、栄養があり、とびきり美味しく、元気づけることができて、取引の際にお金の代わりとなることができるチーズを思い描きました。農家の良識です。 »

How to use

保存・下準備・料理

保存方法:クッキングシートでくるんで冷蔵保存

下準備:他のチーズと同じく、食べる30分前に冷蔵庫から出して常温に置いておくと、最もおいしい状態で食べられます。

お料理に:そのままで食べられることがほとんどですが、溶かして食べても格別の味わいを楽しめます。フランスの地方料理「アリゴ」はチーズとニンニク入りのマッシュポテトですが、この「アリゴ」にはカンタルが欠かせません。

 

Prepare Cantal PDO

Like many cheeses, Cantal benefits from being taken out of the refrigerator 30 minutes before serving, as it is best enjoyed at room temperature.

Uses Cantal PDO

Although it is mostly eaten in its natural state, it is also wonderful melted. This is why it is the cheese of choice for France's famous "Aligot" (mashed potato with cheese and garlic).

Paring ペアリング

パン・ド・カンパーニュのタルティーニュ、生ハム、鶏肉の胸肉「コルドン・ブルー」流や野菜スープなどに。ワインは、マルシヤックの赤ですね!







抹茶
抹茶
AOP 生クリーム
AOP 生クリーム