PDO Noir de Bigorre pig
フランス食材情報

ノワール・ド・ビゴール豚AOP

ピレネー山脈中央部で放牧されるノワール・ド・ビゴール豚AOPは、有志が絶滅から救った希少な古代種です。自然食と適度な運動量が霜降り肉とその独特な味わいの秘密です。

Occitania
生産地域
オクシタニー

基本情報

つややかな漆黒の毛並み、平らな耳。ノワール・ド・ビゴール豚は特徴的で、特にピレネー山脈中央部に固有の豚です。脂っぽく、集約畜産にとって生産性が低すぎるとみなされ、1980 年代に絶滅の危機に瀕していたビゴール豚は、飼育環境と先祖から受け継がれてきた飼育方法の保全に関心が高い農家、職人、食肉加工業者、塩田業者集結することで復活しました。実際、ノワール・ド・ビゴール豚はガロローマ時代から存在したことが証明されています。

 

原産地に放牧されるビゴール豚は、牧草穀物(遺伝子組み換えでない)地元の旬の果物(栗、リンゴ、びわ等)など、その土地の自然の恵みをもとにした健康的な餌を自由に摂っています。自然な餌と定期的な運動により、従来の豚肉よりも肉が赤く、霜降りの入った抗酸化物質に富んだ上質な肉が生まれます。

ノワール・ド・ビゴール豚AOPは、オート・ピレネー県、ピレネー・アトランティック県のいくつかの市町村、ジェール県およびオート・ガロンヌの一部に限定された地域で生まれ、飼育、屠殺最低12ヶ月された豚であることを保証しています。

Character 特徴

Visual 外見 霜降り状の鮮やかな赤身。
Taste 味わい とろけるようなジューシーな口当たり、栗の味。

Nutrition and benefits 栄養価と効用

抗酸化物質が豊富なノワール・ド・ビゴール豚AOPは、心血管疾患やコレステロールを防止する役割を果たす「善玉の脂肪」であるオレイン酸オリーブオイルと同様やリノール酸が豊富です。

Editor's Note エディターズノート

« 1981 年には、わずか雌豚34頭、雄豚2頭のみが20ほどの農場で飼育される事態に至りました 。これほどの美食遺産を失うのは残念なことでした!ノワール・ド・ビゴール豚は、作物の栽培が困難な環境(森林、荒地、野原)を活用してくれるのですから。 »

Paring ペアリング

白ワイン: コート・ド・ガスコーニュ、ジュランソン・セック、パシュラン・デュ・ヴィク・ビル

 

赤ワイン: コート・ド・ベルジュラック、コート・ド・デュラス



FR_Cider
AOP シードル・ペイ・ドージュ
Le calvados Pays d’Auge AOC est une boisson alcoolisée (40 °) produite par distillation de cidre. Pommes issues de vergers normands (Pays d’Auge)
AOP カルヴァドス・ペイ・ドージュ
レシピはこちら