Rillette du Mans
フランス食材情報

リエット・デュ・マン

バルザックが言う「最もジューシーな珍味」の人気が高いのは、ル・マン(Le Man)のレシピのおかげです。フランス西部のこの街は、ほんの数年の間に、この豚肉料理の大使となりました。豚肉の小片を細切れになるまで長時間煮込み、トーストにのせて食べる…かどうかは分かりませんが。とても癖になる特別な軽食です。

Pays de la Loire
生産地域
ペイ・ド・ラ・ロワール

基本情報

リエット(rillettes)は15世紀にトゥール(Tours)で生まれたのですが、24時間自動車レースの街、ル・マン(Le Man)で有名になりました。この豚肉料理は、パリの西に位置するこのサルト(Sarthe)地方から、19世紀にはフランス全土に、そして世界へと広がりました。この成功の裏には、一辺3~4cmの小さな豚肉の角切りを3~4時間煮込み、塩・コショウで味付けし、必要ならフォークで細切りにしてから、伝統的な炻器製のサラダボウルに入れ、冷蔵庫で数時間休ませるという技が隠されています。

Character 特徴

Visual 外見 繊維質で均質なピンクグレーの肉加工品。
Taste 味わい かなり脂ののった柔らかい食感で、おいしい豚肉の風味。

Nutrition and benefits 栄養価と効用

リエットは明らかに脂質が豊富ですが、タンパク質も多く含まれています。

Editor's Note エディターズノート

« リエット・デュ・マンの誕生には、不思議なお話があります…。豚肉屋のアルベール・リュイシエ(Albert Lhuissier)は、パリ―ブレスト(Brest)間の列車の停車時間を利用して、鉄道員や旅行者にリエットを提供しました。パンに付けて簡単に食べることができ、元気をくれるこの料理を誰もが気に入ったそうです。この続きはご存じですよね! »

How to use

Storage

涼しい場所で数日間。

Preparation

リエットは食べる15分前に冷蔵庫から出すと、常温でおいしく食べられます。

Use

これほど簡単なことはありません、パンに塗るだけです!

Pairing ペアリング

おいしい田舎風パンか穀物入りバゲットが合います。できればトーストしてローストの香りをつけてください。ワインは? この地方で造られるブルグイユ(Bourgueil)の赤がいいでしょう。







みりん
みりん
AOP ポワトゥ=シャラント産バター
AOP ポワトゥ=シャラント産バター