Châtaigne d'Ardèche AOP
フランス食材情報

AOC シャテーニュダルデッシュ

フランスの朝市に秋の到来を告げる栗ですが、グルメたちの間では一年中消費されています!AOC シャテーニュダルデッシュは、この地方で栽培され、その後、栗粉、ジャム、マロンクリーム、ジャム、シャーベット、リキュール、有名なマロングラッセに加工されています!

Auvergne - Rhône-Alpes
生産地域
オーヴェルニュ-ローヌ-アルプ

基本情報

栗はアルデシュ県の伝統産物で、酸性土壌と高地気候が栗の生育に適しています。これらは、化学肥料なしで識別された栗の木(トレーサビリティ)から栽培された、味に定評のある地元の品種(Comballe Marigoule Prechocce Ronde des Vans Bouche Rouge Sardonne など)の栗です。

収穫は地面に落ちた栗を手作業で拾い、イガ剥きを行います(網をはり、吸引機を使用することもあります)。次に、虫食いや変形したものは選別され、サイズを分類し、梱包されます。サイズに応じて、生栗または栗粉、マロンクリーム、ピューレ、ジャム、シャーベットに加工して販売されます。

シャテーニュダルデッシュ AOPによる数々のグルメ製品があり、 アルデシュの産地を保証する「シャテーニュダルデッシュ、栗の女王」のロゴが表示されています。伝統に基づいた栗の生産・加工方法は、世代から世代へと受け継がれています。栗をベースにした製品の中には、マロン(または栗)クリーム、ピューレ、マロンペースト、ジャム、マロングラッセ、天然むき栗(缶詰または密閉)、マロンシャーベット、マロンリキュールなどがあります。

「シャテーニュダルデッシュ AOP」(原産地統制名称)は、生栗、乾燥させた栗(むき栗またはドライ)、栗粉(乾燥させた栗由来)の3つの製品に記載されています。

 

 

Nutrition and benefits 栄養価と効用

炭水化物が豊富に含まれ、100 g あたりのカロリーは145 kcal。ビタミン B9B6、カリウムも豊富。抗酸化物質豊富、グルテンフリー。

Editor's Note エディターズノート

« シャテーニュとマロンはまったく別物という人もいますが…そうではありません!実際は、栗の木 (Castanea sativa: ヨーロッパグリ)由来の同じ実です。言葉の誤用で、大きな栗が「マロン」と呼ばれています。また「マロン」という言葉は、大抵、マロンクリーム、マロンペースト、マロングラッセ、マロンコンフィなど栗の加工品に使用されています。 最後に耳寄りな情報をお伝えします。栗や栗粉はグルテンフリーです! »

Paring ペアリング

スイーツ: チョコレート、バニラ、洋ナシ、山羊チーズ (ピコドンAOP)

塩系: ホロホロ鳥、ターキー、鴨のコンフィ、豚肉または仔牛肉のロティ、フォアグラ。

ワイン: ジュランソンAOC、グラーヴAOC白、サヴニエールAOC、アルボワAOC 白、コート デュ ジュラAOC、オー メドックAOC 赤、バニュルスAOC赤、リヴサルト AOC赤。



A slice of Roquefort cheese
AOP ロックフォール
Grenoble Walnuts and Périgord Walnuts
AOPグルノーブル産クルミとAOPペリゴール産クルミ
レシピはこちら