White Garlic
フランス食材情報
フルーツ&ベジタブル

ドローム産 IGPの白ニンニク

IGP(欧州レベルでの地理的表示保護)認証を受けたDrôme(ドローム)産の白ニンニクは、この地域特有の太陽と風の恩恵を受けて育つ秋ニンニクです。さっぱりとしてなめらか、ほんのり甘い味わいです。

よりさっぱりとして、よりなめらかで甘みのある独特のドローム産IGP白ニンニクは、Vercors(ヴェルコール)とProvence(プロヴァンス)の間またがる地域で育ちます。地元由来の品種です。苗の育成から移植、収穫、乾燥、包装まで全てこの地域で行われます。

Auvergne - Rhône-Alpes
生産地域
オーヴェルニュ-ローヌ-アルプ

基本情報

ドローム産IGP白ニンニクは、地元に昔からあった2品種、messidrôme(メシドローム)とthermidrôme(テルミドローム)を掛け合わせて生まれた秋ニンニクです。現在では有機農業栽培もおこなわれています。

ニンニクの滋養強壮効果を知っていたローマ人たちが、ヴェルコールとプロヴァンスの間にまたがるこの地域にもたらしました。その栽培について17世紀にOlivier de Serres(オリヴィエ・ド・セール)が著書の中で記していますが、数世紀にわたりニンニクはこの地域で育てられてきました。1960年代に流行したニンニクの病気もドロームニンニクは免れました。以来、耐性品種として注目され、全国のニンニク栽培の再生に貢献しました。現在、認証を受けたフランス産ニンニクの85%がこの地域で生産されています。 地域特有の太陽と風が、allium sativum(アリウムサティバム)種の栽培に適した条件を作り出しています。10月から12月の間に、ニンニク塊(またはニンニク片)が植えつけられます。フレッシュニンニク用の場合5月から6月に、乾燥ニンニク用は6月末に収穫されます。風の強い気候のおかげで、保存に適した急速乾燥が可能です。 栽培期間中常に生産者の経験に基づいたノウハウが必要です。収穫前にニンニクの熟度を見極め、その次に乾燥具合をみなければなりません。球根は分別され、土や外皮が取り除かれます。

Character 特徴

Visual 外見 大きな真珠のような白い球根、ときおり紫色の縞模様が入ります。
Taste 味わい さっぱりして、ほんのり甘い味わい。他の種のニンニクよりもなめらかで、後味がしつこくありません。

Nutrition and benefits 栄養価と効用

ニンニクは真の健康食品として認知されています。ビタミンCB6、およびリン、カリウム、マンガン、セレン、ヨウ素が豊富で、有機硫黄化合物、フェノール酸、フラボノイドも含まれています。これらの成分によって、ニンニクには殺菌、免疫活性および抗コレステロール効果があります。また血液をサラサラにして、呼吸器や消化器系の癌を抑制すると言われています。

Editor's Note エディターズノート

« プロヴァンス名物aïoli(アイオリ)は、プロヴァンス語で「ニンニクと油」を意味しています。ソースのメイン材料が、料理の名前となったのです。野菜やタラ、固ゆで卵につけてお召し上がりください。 ニンニク丸ごとの場合、光を避け乾燥した通気性の良い場所で数ヶ月間保存が可能です。ニンニク片の場合は1週間しか保存できません。カットしたら冷蔵庫に入れてください。 ドローム産 IGP白ニンニク は、フレッシュ状態ではバラで、ドライやセミドライ状態ではバラだけでなく、編込み、束、ケースで売られています。 生でも、調理しても。まず皮を剥いてから、ガーリックプレスでプレスするか、あるいはナイフの平らな部分で押しつぶします。ドライタイプのニンニクの場合は、消化に悪い芽の部分を取り除いてください。ニンニク片の真ん中を切れば、簡単に見つかります。肉のローストに使う時には、「シャツを着た」状態で調理するために皮を残します。 ニンニクは、あらゆる料理をひきたてます。パセリとバターに混ぜて、エスカルゴや貝に詰めたり、 パセリ、レモンの皮、アンチョビと組み合わせるとgremolata(グレモラータ)、osso-buco(オッソブッコ-仔牛のすね肉)や白身の肉、パスタに合わせるpersillade(ペルシヤード)になります。皮をむいて塩ゆでしたニンニクをピューレにして、肉や魚に添えてもよいでしょう。それからもちろん、アイオリには欠かせません。 »

Paring ペアリング

地中海地方の野菜、ジャガイモ、パスタ、魚貝類



Vanilla
タヒチバニラ
Creme fraiche in a bowl
AOPフレッシュクリーム (濃縮タイプ)
レシピはこちら