Cévennes sweet onion
フランス食材情報
フルーツ&ベジタブル

セヴェンヌ産スウィートオニオンAOP

セヴェンヌ産スウィートオニオンAOPは、風味が独特で、辛みは少なく苦味全くな、生のままでも火を通してでも楽しめるのが特徴です。何世紀も受け継がれてきた伝統に基づいて傾斜地で栽培され、手摘みされるジューシーで歯ごたえのあるこのオニオンは、サラダ、オーブン焼き、コンフィにしても美味しくいただけます。

Occitania
生産地域
オクシタニー

基本情報

セヴェンヌ産スウィートオニオンAOPの栽培方法は、何世紀もの間ほとんど変わらず、手作業で行われています。フランス南部セヴェンヌの粘板岩の砂質酸性土壌の傾斜地それにより機械化が制限されているで栽培、生産されるスウィートオニオンは、地中海性気候と定期的な灌漑の恩恵を受け、この非常に独特マイルドな甘さが引き出されています。

 

1月から3月に種をまき、5月から6月上旬に厳選して間引かれるスウィートオニオンは、8月から9月に手作業で収穫され、空調機で乾燥されます。その後、販売前に、スウィートオニオンの外皮は除去され、丁寧に選別されます。

 

スウィートオニオンの特徴は、マイルドな白い実、苦味のなさ、控えめな辛さです。生のままでも、火を通しても楽しめす。

11個の玉ねぎに貼られたAOPのラベルからセヴェンヌ産スウィートオニオンは店頭で簡単に見つけられます。

Character 特徴

Visual 外見 薄いパールホワイトの皮。
Taste 味わい 辛みが少ないマイルドな味。糖分が豊富で、ジューシーで歯ごたえのある野菜。火を通すと、栗のこんがりした香り。

Nutrition and benefits 栄養価と効用

ミネラルとビタミンABCが豊富。利尿作用。

Editor's Note エディターズノート

« 「aux petits oignons(小玉ねぎを添えて)」という19 世紀以来の表現は「丁寧に」「心をこめて」という意味です。愛情込めてつくったおいしい煮込み料理からきています。 »

Paring ペアリング

塩味のものと: 豚肉、仔牛肉、パルメザンチーズ

 

ワイン: コスティエール・ド・ニーム・ブラン、ピクプール・ド・ピネ

 



Sel de Guérande
ゲランド IGPフルール・ド・セル
Olives
AOPニヨンスのブラックオリーブ
レシピはこちら