Olives
フランス食材情報
フルーツ&ベジタブル

AOPニヨンスのブラックオリーブ

AOPニヨンスのブラックオリーブは「タンシュ種」系統の品種で、古代からオリーブ栽培に使われてきたテロワール(土壌・風土)の特徴を反映し、また先人のノウハウが息づく産物です

Auvergne - Rhône-Alpes
生産地域
オーヴェルニュ-ローヌ-アルプ

基本情報

ローマ人が植えたオリーブは古代よりこの地域に存在しました。1世紀ごろ使われていたオリーブオイルの圧搾臼が見つかっています。オリーブ栽培はこの地域で発展し、17世紀には、当時最も重要な栽培作物でした。20世紀には、大きな被害をもたらしたによりオリーブの木は半分以上が枯れ、代わりにブドウ畑や果樹園が広がりました。地域のオリーブ栽培農家は立ち上がり、1994年にAOCを、次いで1997年にはAOP取得し、ニヨンス村とレ=バロニにオリーブ畑を再建しました。日照量が非常に多く乾燥し、また冬は寒いという気候に適した「タンシュ種」系統の品種を地域では栽培しています。この乾燥した寒気によってニヨンスAOP 独特のシワの寄ったブラックオリーブができ、11月~1月に完熟したオリーブを収穫します。オリーブの実は収穫後非常に苦いため、そのまま食べることはできず、処理を施さなければなりません。ニヨンスAOP のブラックオリーブには3種類の処理方法があります。塩水漬けが最も一般的な方法で、オリーブの実を塩水(水と海塩の混合液)に数か月間漬け込みます。この方法ではオリーブの果肉のねっとりとした食感と独特の味わいが残ります。二つ目は、オリーブの塩漬けです。これはニヨンス村の伝統的な独特の方法で、オリーブを収穫後まもなく食べることができます。収穫直後のオリーブの両端に穴をあけ、細かい海塩をまぶします。 10日ほどで食べることができます。この場合オリーブの持つアーモンドやヘーゼルナッツのような風味が引き立ち、若干の苦みが残ります。最後は、オリーブをそのまま食する方法で、密閉容器に生のオリーブを入れるだけです。数か月後には食べられるようになるでしょう。

Character 特徴

Visual 外見 濃い栗色から黒味がかった色で(「修道服」の色と表現することも)、シワが寄った卵型です。
Taste 味わい 肉厚で、果肉は柔らかです。優しくフルーティな味わいで、チョコレート、フルーツのコンフィ(砂糖漬け)やヘーゼルナッツ、下草のアロマを持ちます。

Nutrition and benefits 栄養価と効用

オリーブは抗酸化酵素のポリフェノールの含有量が豊富で免疫を高める働きがあります。また不飽和脂肪酸も含み、心血管疾患のリスクを軽減し動脈血圧を下げます。

How to use

保存・お召し上がり方・味わい方

保存: ばら包装または開封後の瓶詰めオリーブは、冷蔵庫で保存します。

お召し上がり方: 塩水漬けのオリーブの場合、すすいで24~48時間空気にさらしておくことで、本来の味わいが戻ります

味わい方: 生でアペリティフに出すことが多いですが、さまざまな料理に使えます。サラダに加えたり、加熱して新しい味を発見したりすることもできるでしょう。例えば、肉の蒸し煮やオムレツ、地中海風野菜のファルシーの他、デザートにも向いています(アイスクリームや、細かいみじん切りにしてアプリコットタルトに加えることができます)。

Paring ペアリング

塩味のものと:子羊肉、ヒメジ、トマト、ナス、ズッキーニ、アンチョビ。

甘いものと:アプリコット、バニラアイス。

ドリンク類と:まず料理を基調に、それに合うものを選ぶことがおすすめです。



Vanilla
タヒチバニラ
Creme fraiche in a bowl
AOPフレッシュクリーム (濃縮タイプ)
レシピはこちら